リングヂャケットが手がける大阪梅田のオーダースーツ専門店、テーラーリングは阪急三番街にございます。

Blog

ブログ

何故⁉Tweedを選んでしまうのか。

2021.06.17/order

皆様、こんにちは!
 
テーラーリングの波武名(はんな)です。
 
今回は私がもっとも溺愛するTweed【ツイード】のご紹介です。
 
まずはツイードの歴史と名前の由来を諸説ありますがお話しさせて頂きます。。
 
【ツイード】とは紡毛織物【ぼうもうおりもの】が最初とされており、18世紀・英国スコットランドで誕生【スコッチツイード】の総称で呼ばれていました。もともとはスコットランド地方において、自家で紡いだ糸で製織されたホームスパンのことだけを【ツイード】と呼び時代とともに織機の性能向上により量産ができるようになった事から、現在では手織りだけでなく機械で織られたものでも【ツイード】と称しています。
 
【ツイード】の語源は、2つの説があると言われています。1つ目は、スコットランド南東部のスコティッシュ・ボーダーズを流れる【ツイード川】流域で生産されていたことから、その川の名前をとってつけられたという説。2つ目は、19世紀半ば、ロンドンの商社で委託販売をする際、伝票に【Till:ツイル(綾織り)】と書くところを【Tweed:ツイード】と誤ったスペルで書いたことから「ツイード」と呼ばれるようになったという説があります。
 
ツイードは主にスコットランド産ウール【羊毛】を用いたやや分厚い生地で、硬くザラッとした触り心地と厳しい環境下で育った羊たちの毛を紡ぎ織り上げる為、防風・防寒性が高く暖かく着用できるのが特徴です。
 
最も注目すべきは、ツイードを着るにあたって割と当たり前の感覚になりますが、他の生地に比べ圧倒的に耐久性が優れていることです。ヨーロッパでは、親子三代でツイードのジャケットを受け継いでいく家庭もあると言われるくらい、丈夫で長持ちな為、ガッチリしたツイードジャケットを着込み、自分の体にフィットさせていくのがツイードの楽しみの一つでもあります。
 
また、ツイードの表面に見える素材感については経糸、緯糸ともに紡毛の太い単糸で、綾織りまたは平織りで構成される為、表面に織り目がしっかりと見えるのもツイードの特徴です。
 
ツイードにはいくつか種類があり特徴も様々です。種類と言うのは産地で分類することができ、食材やワインの産地にこだわるように、ツイードも産地から生地の特徴を知る事でご自身にあったツイードを見つけ出す面白さがあると思っています。
 

 
【チェヴィオットツイード】は、イングランドとスコットランドの境、チェヴィオット・ヒル付近で産する【チェヴィオット・シープ・ウール】を原料とした生地。丘陵地帯に生息する羊はたくましく活発な性格で、その毛質は強く、生地表面にハリと光沢があるのが特徴です。他のツイードと比べると色彩がはっきりしており大胆な柄が多いので、色柄にこだわるなら【チェヴィオットツイード】がおすすめです。ちなみにスーツ、ジャケットどちらにも向いている唯一のツイードです。
 

 
【シェットランドツイード】は、スコットランド北端にあるシェットランド島産。スポンジのように、ふんわり柔らかい肌触りが特徴です。この柔らかな羊毛は、織物よりもセーターとして使用されることが多く、ツイード織物としての【シェットランド】は稀有な存在でジャケットに向いています。
 
また、ノルウェー山岳種の過酷な環境に暮らす羊の毛を使うことで、軽量かつ保温性に優れています。染色することなく羊毛の自然色をそのまま使用しているのも魅力で、ざっくりとしたナチュラルな風合いを楽しめます。
 
【スコティッシュツイード】について
 

 
シェットランド、チェヴィオットの2つは、いずれもスコットランド産で【スコティッシュツイード】と呼ばれています。スコットランド製ツイードを使った有名な服地マーチャントに、【ポーター&ハーディング】があります。1947年、創業当時から同じ製法で織られている伝統的な生地で、特徴はとにかく頑丈であること。長く愛せるこのタフさが世界中で評価されています。
 

 
【ドニゴールツイード(ドネガルツイードとも言われる)】は、アイルランド北西部のドニゴール州で産出されるアイリッシュツイードの代表的な存在。この地方で織られるツイードは、緯糸にカラー・ネップ【節】を使うため、表面に赤、青、黄色などのカラフルな斑点が散りばめられているのが特徴です。膨らみのあるつぶにより、ゴワゴワした独特な素材感。着こなすには少しコツが入りそうですが、視野を広げてカジュアルジャケットに落とし込んでみるとグッと雰囲気のある着こなしが出来ると思います。
 

 
最後に日本国内では一番馴染みのある【ハリスツイード】も、スコットランド西方のハリス島という産地名がつけられたものです。【ハリスツイード】は、スコットランド西方のハリス島を中心とするアウターヘブリディーズ諸島産です。特徴は、ケンプ【死毛】と言われる粗い毛が入っていること。白髪のように見えるケンプが混じっていることで、素朴でラフな雰囲気が漂いカジュアルジャケットだけにとどまらず様々な商品展開で万人に愛されるツイードとなっています。
 

 
一見、同じように見えて、産地や羊毛の種類によって見せる表情が大きく変わるツイードに興味を持っていただけましたでしょうか「このツイードは、どこの羊から贈られてきたのか?」そんなことを考えながらスーツ・ジャケットをオーダーするのも一興かと思います。
 
2021年7月1日~7月31日(土)の期間 テーラーリングではTweed Fairを開催いたします。
 
期間中は選りすぐりのTweedをご用意してお待ちしておりますのでご興味ございましたら下記連絡先までお問合せくださいませ。皆様とTweed談義を出来るのを愉しみにしております。
 
■TEL:06-4300-5130
■MAIL:tailorring.umeda@ringjacket.co.jp