リングヂャケットが手がける大阪梅田のオーダースーツ専門店、テーラーリングは阪急三番街にございます。

Blog

ブログ

Jacket fabric -vol.6-

2021.10.13/Information

 

 

こんにちは、加藤です。

 

 

 

今回は、ジャケット生地のご紹介 -vol.6- 。

 

最後となります。

 

 

 

vol.4、5に引き続き、「硬い」「重い」シリーズです。

 

その中から、最後の6回目はこちら。

 

 

 

 

 

A.MOON

 

しっかりとした目付ですが、膨らみがあります。

 

 

 

ツイーディーですが、毛足は短め。

 

柔らかさの向こうに、コシがあります。

 

 

 

 

 

 

 

wool  100%

450g / m

 

 

白ベースに、ライトグレーとチャコールグレー。

 

ライトグレーの微起毛のシャツ地に、裏地もライトグレー。

 

 

 

ジャケット、シャツ地ともに素材感を楽しみつつ、

 

明るいモノトーンで軽やかな装いを。

 

 

 

 

 

 

 

 

wool  100%

450g / m

 

 

ベースはベージュ、それに明るい茶とダークグレー。

 

シャツも肉のある茶に、裏地はオリーブがかったグレー。

 

 

 

大きく2色で構成し、茶の色合いを満喫。

 

挿し色は無しにして、他のアイテムは黒~グレーで構成すると

 

都会的な印象になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

wool  100%

430g / m

 

 

茶がベースで、赤、緑、黒の構成。

 

こちらはオリーブグリーンのシャツ地に、裏地はあえての赤。

 

 

 

カントリーテイストを存分に出しつつ、

 

微起毛コットンのベージュのパンツに、茶のスエード靴。

 

 

 

もしくは、白のフランネル素材のパンツを合わせて、

 

中和するのも◎。

 

 

 

 

 

 

jacket ¥66,000~(tax in)

 

 

 

 

 

 

「チェックをいかに、自分のものにするか」

 

MOONはこれだと思ってます。

 

 

 

服地の配色は独特ですが、難しい色が入っている訳ではないので、

 

手持ちのワードローブを「色」で分類してみると、

 

必ず馴染むものがありそうです。

 

 

 

デニム、チノ、カーゴパンツ、、、

 

ベーシックなアイテムが、新鮮に映ります。

 

 

 

 

 

 

 

これからも、色々ご紹介していきます。

 

ご覧いただきありがとうございました。