リングヂャケットが手がける大阪梅田のオーダースーツ専門店、テーラーリングは阪急三番街にございます。

Blog

ブログ

Jacket fabric -vol.3-

2021.10.09/Information

 

 

こんにちは、加藤です。

 

 

 

今回は、ジャケット生地のご紹介 -vol.3- です。

 

 

vol.1、2 でも触れたとおり、今シーズンは

「柔らかい」「軽い」が充実。

 

 

その中から、3回目はこちら。

 

 

 

 

 

TALLIA  DI  DELFINO

 

言わずと知れた、イタリア三大ミルの一角。

 

 

 

 

 

 

 

wool  84%  silk  12%  cashmere  4%

285g / m

 

 

jacket  ¥88,000~ (tax in)

 

 

 

 

約1cm四方の、白黒大柄千鳥。

 

ライトグレー地グレンチェックのシャツに、裏地は白。

 

 

 

ホワイトフランネルのパンツと合わせて、

 

色ではなく、素材感で、冬を演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

wool  60%  silk 18%  nylon  16%  linen  6%

315g / m

 

jacket  ¥71,500~ (tax in)

 

 

同じく約1cm四方の、グレー×ネイビー大柄千鳥。

 

ネイビーブロードに、裏地は緑がかったブルー。

 

 

 

リネンの入った四者混。

 

麻の風合いが、混率6%ながらも、効いてます。

 

 

 

 

ブルー~ネイビーを軸とした、寒色のグラデーション。

 

挿し色にイエロー、オレンジも◎。

 

 

 

 

 

 

 

 

wool  60%  silk 18%  nylon  16%  linen  6%

315g / m

 

jacket  ¥71,500~ (tax in)

 

 

地の色はネイビーとブラック。

 

太目のウインドウペンはダークレッド。

 

サックスブルーのオックスフォードに、裏地は朱色。

 

 

 

少しアクを持たせながらも、

 

結果クリーンにまとまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「装うことを楽しみたくなる」

 

DELFINOはこれだと思ってます。

 

 

 

カッコつけたいけど、加減は大切。

 

どうすれば、、、という時に

 

 

 

上品さを保ちつつ、適度な塩梅を、

 

見事に体現してくれます。

 

 

 

 

 

 

次回からは、jacket  fabric 「硬い」「重い」編、です。

 

ご覧いただきありがといございました。